社での寒気方策として、ボディに対しての冷え性方策として、ボディをあたためる食品を食べる様にしてはいかがでしょうか。
社で働いていて、ボディが冷えるなと考える事が在るでしょう。
ボディをあたためる為にあったかアイテムを使用しても良いのですが、身の回り自身からあったか対策をしても良いと思うのです。
そこでここでは「食品」に関して挙げてみたいと思います。
先ずは「野菜」だ。
殊更奨励なのが「根菜群れ」だ。
人参の様に暖色系の物品がボディが温まり易いと言われている根菜だ。
一段と牛蒡の様に手ごわい食品もボディを暖めると言われています。
こんな事を見てみて、寒い地方で取り込める食品が比較的ボディを暖める効果が期待出来る食品が多いので、積極的に摂取してみてはいかがでしょうか。
次に「飲物」ですが、カラーが赤や茶色のお茶がボディをあたためる効果が有ります。
そんなに考えてみると緑茶は緑なので違うよね。
としてみると、紅茶やほうじ茶などがそれに触れるので、そういったお茶の方が良い様です。
お茶であれば社も飲めるので、あったかアイテムとして飲み込む様にしてみても良いでしょう。
次は「生姜・香辛料」だ。
更に生姜はボディを暖める効果が見て取れると言うのは有名ですよね。
紅茶に入れても良いですし、生姜焼き等、メニューに使っても良いと思います。
二度と香辛料もその1つですので、積極的に冬季は摂取したいですよね。
次に「リカー」ですが、ビールはボディを冷ますと言われています。
ボディをあたためる効果が期待出来る物品としては、ワイン、津々浦々酒等が挙げられます。
これらを温めて呑む事でもっと効果が期待できますので、寒い時期にリカーを飲み込む時折そういった物を飲むと良いでしょう。DUOクレンジングバーム